10分で学べる金券の売り方の手法!

店舗が近くにたくさんあるところで売却

鉄道の回数券が余ったり商品券が余ることがあります。回数券などは期限が決められているので、使わずに置いているとそのうち使えなくなります。そこで利用したいのが金券ショップです。持ち込むことによって買取をしてくれる場合があります。ではどのお店に買い取ってもらっても同じかですが、それぞれのお店で買取価格が異なります。
できるだけ高く買い取ってもらいたい場合には、お店の立地を考えます。都市部では、金券ショップが近くにたくさん出店している場合があります。近くにあるので、それぞれの店で競争をしています。1店舗だけポツンとあるところだとなかなか競争してくれないので、高く買い取ってもらうことは難しいこともあります。

期限があるものはできるだけ早く売る

金券には期限があるものとないものがあります。商品券などは期限が設定されないものが多いです。あっても比較的長く設定してくれています。鉄道の回数券は3箇月などの期限が決められています。期限を過ぎると、せっかく価値のあるチケットも紙切れになります。金券ショップに買取をしてもらうことでお金になる場合がありますが、できるだけ早く持って行く必要があります。回数券などは、チケットショップ自体が仕入れることもあり、期限内でもぎりぎりの場合は買い取ってもらえません。2箇月ぐらい期限が残っていれば、通常通りの買取価格で買い取ってもらえます。
映画のチケットなどは期限が特に決められれていない場合がありますが、上映されて間もない方が高く買い取ってもらえます。