金券の売り方の流儀の紹介

いらなくなった金券、どうやって売ればいい?

使わない金券などは、チケットショップなどの専門店に持ち込むことがおすすめと言われています。大型の駅や商業施設などに開設していることも多く、不慣れな人でも比較的利用しやすい店も多く見られます。
一般的なショップであれば、買取を希望する品物と身分証明書だけを用意すれば、対応して貰えるでしょう。身分証が求められる理由としては「不正や犯罪防止のため」ですので、忘れないように気を付けます。
金券はそのままの状態で問題ありませんが、酷い傷や折れがある場合は、買取価格が減額されてしまう可能性があります。額面通りに使えるものの、次の買い手が付きずらくなってしまうからです。持ち運ぶ際に傷をつけてしまわないように注意することをおすすめします。

どこの店なら高く買い取って貰えるの?!

金券の買取は、おおよそ「額面の90~97%」と言われていますが、条件によって変動することも珍しくありません。一万円の金券を売った時、得られるお金が九千七百円になるか、九千円になるかは大きな違いと言えるでしょう。
では、どのように金額が決まるかというと、鉄道の旅券などのように全国的に需要があるものは、ほぼ変動しません。一方、地域限定のデパート専用の金券などは、地域性によっても異なる傾向にあるでしょう。また、もうすぐ有効期限が切れてしまうようなものは、時が経てば経つほど価格が減ってしまうので、できるだけ早く売ることをおすすめします。
なお、大手ショップの場合は、一律して買取金額が決まっていることが多く見られます。複数の店舗を見て回る場合は、独立しているショップを探すと良いと言われています。